●久寿もち

昔ながらの製法で作り続けられている関東風のくずもち。貯蔵や発酵には大きなスペースが必要で自然の微生物に力を借りた乳酸発酵食品。菓子であり発酵食品でもある和菓子界唯一の存在。身近なようで難解、偉大。あまりに特殊であるため他の菓子からの応用が利かないんです。そのため長年の経験が必須。製造販売を行える店舗は都内ではもう残り数軒しか残っていない。

 

 

●寅¨焼き 各種

○あんこの寅¨

 一枚一枚銅製の一文字平鍋で手焼きする生地にたっぷりのあんこ。ここは葛飾柴又。江戸っ子好みの甘すぎずさっぱりキレよしが本望。寅さんが生きてい たなら、言わしめたい「っんまいねぇ!」


○さくらと寅¨

 桜の塩漬けが効いている桜あんの寅¨焼き。さくらと寅の仲はいわずもがな、生地のやさしい卵の風味に香る桜と良い塩梅の塩気が癖になります。。


○塩寅¨酪寅¨ 生クリームの今どき寅¨     要冷蔵

 さっぱり塩味を効かせた塩寅¨は男味。大納言小豆の濃いあんこの味とコクある生クリームをを塩で〆て。

 あんことクリームの風味を両方味わえる繊細 酪寅¨は女子好み。こちらは北海道小豆とのコンビで生クリーム勝ちにバランスしてあります。


○アイスの寅¨ バニラと抹茶 2種       食べ歩き限定

 ハーゲンダッツアイスをはさんだどらやき。運が良ければ、一日に数回どら焼きの生地の実演をしているので、焼き立てのあつあつ生地に冷たいアイスを はさんで食べることができます。

 

 

●米米ロール


和魂洋才、守破離。京都での老舗京菓子司修業時代の恩師から頂戴した言葉を胸に創作。

生まれも育ちも葛飾柴又。私のバックボーンを菓子の上に表現。かつて葛西米の産地であった柴又には団子やせんべいといった形で米を使った名物が残ります。その米を用いて、カステラの技法をもって生地を。国産純生クリームをたっぷりと芯に。最後にみたらし団子やウナギのかば焼きにヒントを得て、生地を直に炙るという「おこげ」の仕上げを施しました。

通販用の冷凍ロールとおひとり様用のカットしたロールもございます。

 

 

 

●稲妻菱の米粉パイエクレア

私たち日本人には家紋という一族ごとのトレードマークがありますが、お寺にもそれぞれの寺紋というものがあり、帝釈天の紋は稲妻菱です。エクレアはフランス語で「稲妻」という意味を持つお菓子。米粉で作ったザクザクパイを下敷きに、せんべいあられや黒ゴマ、和三盆をトッピング。 

 

 

 

●黒米の大ぼた餅と押し麦きなこの大ぼた餅

こぶし大のおおきなぼた餅。ご飯の炊き加減や蒸し加減 その品種に至るまで、多くの日本人がお米についての一家言を持っていると思います。おにぎり然り寿司然り、その握り加減にまで。イタリア人にとってのパスタのアルデンテのように。

うちのぼた餅はおおきく見えますが、その見た目の割りにペロッと食べることができると思います。米の粒が残るようにしっかり目に炊き上げ、ふんわりやさしくやわく握るように心がけております。共感され、お気に召されるとうれしいのですが、これがうちのぼた餅のこだわりです。

氷餅が白く見える手前のぼた餅はプチプチ食感の黒米入り、粒あん、アクセントに刻み大葉。

深煎りきなこのかかった奥のぼた餅は食物繊維豊富な押し麦入り、こしあん、こちらもアクセントに刻み大葉。

 

●玉ウサギ

私のたからもの 長男の 干支がウサギなので誕生以来作っているまんじゅう。山芋と米粉で作る上用まんじゅう。山芋のちからのみで膨らませているので、時に大胆に 時に繊細に経験と勘を頼りに生地を仕込まないと玉のようなかわいらしいフォルムがでません。正月期間限定品

 

 

 

●縁起 申まんじゅう

もっちりしっとりの黒糖まんじゅう。あんこはもちろんのこと生地の旨味を味わって頂きたい。帝釈天のお使いであるサルにちなんで命名。

災難が サル  ように。と願いをこめ、縁起を担いだ幸運のお菓子です。

 

 

 

●ふとっぱら最中

三日かけてじっくり炊いた大納言の最中あんを、手焼きの香ばしい種に詰めて。実はこの種も昔ながらの伝統製法、手技のmade in 葛飾なんです。

種と種とが閉まらないくらいずっしりたっぷりふとっぱら。少しでも種のパリパリを感じていただきたいので、毎日ご注文後に急いで丁寧にお詰めいたしております。かつてその味に修業先を決めた感動の京菓子司の味を受け継いで。

 

 

 

●芋ようかん

サツマイモを粗めに残した昔ながらの芋ようかん。サツマイモ、砂糖、塩のみで作っているのでどなたにも安心して召し上がっていただけます。こちらのお菓子は母方祖父の味。石川県で菓子舗をしていた祖父の倉田屋の味をそのまま受け継いでいます。土日祝日はバターで焼いた焼き芋ようかんもご用意しております。

 

 

●お米のロッシェ 各種

卵のメレンゲとお米の粉を合わせて焼き上げた軽い食感の焼き菓子。古くからあるメレンゲ菓子を昔通りでなく、現代風に本気でおいしく考えたらどうなるか。考えて作りました。くるみ・しお・キャラメル・アマンドショコラ。現在4種類。季節で味が変わります。常温で日持ちがして、また軽いので手土産等に喜ばれております。

 

●本わらび餅

最上級国産本わらび粉100パーセントでお作りしている 原材料 「本わらび粉」「砂糖」「小豆」「きなこ」  以上! というシンプルな本わらび餅。餅生地は本返しという修業先である老舗京菓子司にて習得した技法で、力を込めて炊き上げております。当店ではあっさりなめらかなこしあんと京都産深煎りきなこ、のど越しの良い本わらび餅の三位一体で楽しむことのできる包みわらびにてお出ししております。祭日など特別な日に店頭に並びます。ある程度数がまとまればご注文でお作りすることもできます。

●琥珀わらび餅

本わらび粉にれんこんの粉を加えることで、画像のようなより強い粘りと本わらび餅にはない くにゅくにゅとした心地よい歯ごたえを実現した流しわらび餅。

わらび餅の 「ハレとケ」   茶席菓子としても用いられることの多い高価で珍重されている特別な本わらび餅に対して、より手軽で親しみやすく飽きの来ないことを目指した いつものわらび餅。  同じわらび餅という菓子ですが、菓子職人としては素材の良さをできるだけシンプルに出すことを心がける本わらび餅、粉の配合や製法などで工夫の余地の多いやりがいのある「腕の見せ所」的な琥珀わらび餅として考えております。

●塩大福

やっぱり大福は和菓子の華。

なぜか?それは「あんこともち」の和菓子屋の命といえる2つの素材でできているとてもシンプルなお菓子だから。どの店でも作ることができるから、どの店も競うようにそれぞれの工夫を凝らしたこだわりの大福を作っています。

この大福のために炊いている特製塩粒あん このあんこに一番合うと感じた九州産のもち米、たっぷりの北海道産赤えんどうでお作りしております。

当店の塩大福は誤解を恐れず言えば、硬くなる大福です。昔ながらの混ぜ物なしの直球勝負。その日のうちに食べられる分だけをお買い求めくださるようにお願いいたしております。